mineoでiPhoneは使えるの?

mineoでiPhoneは使えるの?

mineoでiPhoneは使えるの?

mineoは、ドコモ系のDプラン、au系のAプランと、2つの系列に対応した、利用端末の選択の幅を広げるプランを提供してる数少ないMVNOのひとつで、ユーザー同士で余ったパケットをシェアしあえるフリータンクなど、斬新なサービスに定評があります。

 

また、いまでは当たり前のパケットを消費する高速モードと、消費しない低速モードの切り替えが可能なアプリを早い段階から提供するなど、ユーザーの利便性を広げるサービスの方針に高い評価を得ています。

 

090の音声通話だけではなく、050IP通話アプリのLaLa Callは、mineo加入者は月額基本料無料で、通話料も携帯同士なら1分18円の低価格を実現しています。

 

少しでも月額を安く、またIP通話でも十分というユーザーにとっては有益なサービスです。

 

1回の通話が最大30分までであれば月額840円の「定額通話30」、60分まで月額1680円の「定額通話60」といった定額サービスも開始され、音声通話の料金についても、大手キャリアと勝負できるところまで迫ってきています。

 

MVNOを選ぶ際に有力な候補となるmineoですが、話題のiphoneの対応が気になるところです。

 

mineoの公式ホームページのトップページにアクセスすると目に飛び込んでくる「あなたのiPhoneが安くなる!」というコンテンツを用意していることからも分かるように、iphoneに公式対応しています。

 

SIMフリーのiphoneはもちろん、3大キャリアで購入したiphoneも利用可能です。
ただし、ソフトバンク端末については、いくつかの条件があります。

 

6s、6s Plusについては、SIMロックを解除することで、ドコモ系のDプラン、au系のAプランどちらでも利用可能になります。

 

SEは、現在非対応ですが、ソフトバンク側のSIMロック解除対応後に利用可能になる見込みとされています。5s、5c、6、6 Plusは非対応です。

 

ソフトバンクのiphone 6s、6s PlusのSIMロック解除手続きは、購入日から181日以降が条件となっています。
すでにソフトバンクを解約済みの場合は、解約後90日以内に手続きをしなければなりません。

 

インターネットのMy SoftBankか、ソフトバンクショップで申し込みます。
ドコモ端末は、SIMロック解除をしなくてもそのままで、Dプランが利用できます。

 

auの端末は、テザリングが利用できませんが、同じくSIMロック解除をしなくてもAプランが利用できます。

 

MVNOの中でも、早い段階から動作検証をし、対応を発表するスピード感と、他社に先駆けて斬新なサービスを提供し続けるmineoに今後も期待がかかります。